クラッチ調整はプレッシャープレートのアジャストスクリューがキモか?

いきなりですが、答えを書きます。(笑)

エンジン左側の楕円形のインスペクションカバーをはずすとクラッチのプレッシャープレートのアジャスタースクリューが見えますが、これのロックナットをゆるめてから、クラッチレバーをニギニギしながらアジャスタースクリューを廻していくとクラッチが軽くなるポイントがあります。

そこでロックナットを締めて、インスペクションカバーを留めればできあがり!

簡単でしょ?(笑)

f0176756_023632.jpg


調整作業の動画も撮りました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
調整作業の動画こちらから

どうぞ、ご覧ください。

また、なぜ、それでいいのか理由も考察したのですが、長くなるので今日はここまで。(笑)
[PR]
by ducati450 | 2015-01-27 00:02 | エンジン組み立て
<< 【バッテリー点火用ガバナー(A... ガバナーと進角の関係のお話 >>