ロッカーアームのスリッパー面の修復

20年以上前からの懸案事項としてズタズタになったロッカーアームのスリッパー面(カム山と当る側)の修復というのがありました。

海外ではそういうサービスをやってくれるところもあるのですが、何とか近場でできんかな~というのが私の切なる願いです。(笑い)

この写真は表面のハードクロームがザックリ削れてしまって地金まで出ています。
(350Vento用)

f0176756_1701621.jpg


痛々しいですね。


今回は横山エンジン工業の社長さんのご協力でロッカーアームのスリッパー面の溶接と研磨をしてもらいました。

前回、350desmoのシリンダーのホーニングやバルブのすり合わせをお願いしたときに相談したら、欠けたギアを直すためのクローム入りの溶接棒があり、それを使えば直せるよ、と心強いお言葉をいただき、修復をお願いしました。

頼れる昔かたぎの職人さんです。


ダイヤモンドやすりで形を整え、オイルストーンで磨いてできあがり。
f0176756_1718650.jpg


修復してもらったスリッパー面。形状はほぼ回復してます。

まだちょっと直さなきゃいけない部分もあるのですが、あとは実際にエンジンに組み込んで廻してみて、強度的にどうなん?ていうのをテストします。

なんでもチューニングした250だと1万回転くらいまで廻ると聞いたことがありますが、350ノーマルではいいとこ8,000rpmくらいなので、ぶっ壊れないことを祈ります。(笑い)


もしテストして強度的にまずければ、窒化クローム処理をお願いする予定です。

日本の表面処理技術ってすごいんですよ。


ご覧いただきありがとうございます。
[PR]
by ducati450 | 2011-04-06 17:19 | エンジン組み立て
<< シリンダーヘッズ シリンダーヘッド組み その1 >>