350desmo クローズ側のシム調整

整備中の350desmoのクローズ側シム調整を行う。

クローズ側のロッカーアームとスプリングアンカーのクリアランスの調整は円筒形のシムで大雑把に決めて、細かい調整はその下に入るワッシャー型のシムで調整をするんだけれど、純正では厚さが0.1mm単位でしか用意がなく、微妙なところがどうもしっくりこない。

IN側はゆるめだし、EX側はきつくて廻すのに抵抗を感じる。


f0176756_1195072.jpg



オイルストーンで軽くさらって0.01mm単位の調整をしたんだけれど、さすがに作業精度に限界を感じる。(絶対に均一に削れていないはず>いばってどうする自分!?)

そこで厚さ0.01mmと0.05mmのシムを作ってもらうことに。

届いたシムを触るとまるでティッシュみたい。

金属板とは思えない。


組み上げたエンジンは一度火を入れて様子を見て、その後再度バラしてクリアランスの確認、再調整を行う予定。

調子のいいエンジンになってくれる事を心から願う。


ご覧いただきありがとうございます。
[PR]
by ducati450 | 2011-04-01 01:20 | エンジン組み立て
<< シリンダーヘッド組み その1 イエロータンクのサビ取り >>